早漏防止に役立つダポキセチン

性行為の悩みは人それぞれ違いがありますが、射精のタイミングで悩んでいる人も少なくありません。

個人差がありますので、どれぐらいの時間の長さが正常と判断するのは難しいものがありますが、パートナーが満足できない間に射精が終わってしまうとなると早漏である可能性があります。
早漏は精神的な焦りやストレスが原因していることもありますので、早漏防止のためにもできるだけ焦らず、気持ちを落ち着けることも大事です。
さらに性器が刺激に敏感なために早漏が起こってしまう場合もあります。
こうした症状は努力で改善するのは難しいものもありますが、早漏は治療でも改善することができます。
性生活のことで悩みを持っている人は医療機関への相談も考えてみましょう。
包茎の症状がある場合は手術で対応していくこともできますが、早漏防止は外科的な治療を行なわなくても医薬品でも行なうことができます。
医薬品では塗り薬などもありますが、飲み薬なら性行為の前に飲んでおくだけですのでより手軽に取り入れることができます。
飲む薬としてはダポキセチンが有名です。
ダポキセチンはもともとはうつ病の薬として利用されていましたが、服用している人が射精が遅くなると傾向にあることがわかり、現在では早漏の治療薬としても利用されています。
興奮を抑えるためにはセロトニンをしっかり分泌させることが大事ですが、この薬はセロトニンの分泌を促進し脳の興奮を抑えてくれます。
性的な興奮が起こる時間が早いと早漏になりやすいですが、脳内をよりリラックスできるようになりますので射精のコントロールもしやすくなり、結果射精の時間もより長引かせることができる薬です。
飲み方は性行為の1時間~3時間前に服用します。
薬効が十分な場合は追加することもできますが、1日に60mgを超えないようにします。
重篤な副作用はないとされていますが、併用禁忌となる薬もありますので、何らかの医薬品を飲んで入る場合は医師に相談しておくと良いでしょう。