セマンズ法?

早漏というのは射精までのスピードが非常に速く、本人もパートナーも十分な満足が得られない状態をいいます。
特に不満を覚えるのはパートナーです。
本人は射精にいたっているので性的には多少満たされているものの、パートナーは十分な快楽を得られないまま、性行為が終わってしまうので不満が残ってしまうのです。
一方、本人からすれば、パートナーを十分に満足させられないことや、自分のペニスの状態が不完全であるといったショックから、精神的な落ち込みや不安が大きくなります。
これはさらに悪循環をもたらし、セックスの度にまた直ぐに射精してしまったらどうしようと焦るあまり、余計に射精までのスピードが早くなることもあります。
早漏が起こる原因として、ペニスや脳が性的な刺激に敏感になりすぎるという状況が挙げられます。
これを解決するには、リラックスを心がけて敏感になりすぎている状況を解き放ってあげるとともに、トレーニングを積んで刺激に慣れることも必要になります。
そのトレーニングの方法の1つに、セマンズ法というのがあります。
これはパートナーと一緒に行うトレーニングであり、パートナーの理解と協力が欠かせません。
どのような方法かというと、まずは、パートナーに手でペニスを刺激してもらい、勃起をさせ射精へと導くよう刺激を続けてもらいます。
ただし、完全に射精して最後まで到達させてはいけません。
イキそうになったらパートナーに告げて、刺激の手を止めてもらう必要があります。
つまり、射精の一歩手前で止めて、射精しないよう我慢するのです。
これを何度か繰り返して、少しずつ射精までの時間を延ばすというトレーニングを積んでいきます。
セマンズ法は、これだけでは終わりません
パートナーの手での刺激で訓練を積んだら、今度はローションなどを使って感度を上げ、刺激を受けやすくした状態でも耐えられるようレベルアップしたトレーニングを積みます。
ローションを使って射精の一歩手前で我慢するというトレーニングを繰り返したら、最後にはパートナーの膣を使って、射精の寸前で止めるというトレーニングを繰り返し、徐々に射精までの時間を延ばしていきましょう。